メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「カレンダー」検索結果。

カレンダーの商品検索結果全12,208件中1~60件目

シャーロック・ホームズ カレンダー 2018

Amazon

1,160

シャーロック・ホームズ カレンダー 2018

[シャーロック・ホームズ カレンダー 2018] 厚紙用紙(マット紙)にプリントしました。 2018年1~12月の12枚セット。 日曜始まり。卓上ケース付き。 使用したイラストは、コナン・ドイルがシャーロック・ホームズシリーズを「ストランド」誌に連載したときに挿絵を担当したシドニー・パジェットのもの。今にいたる鹿撃ち帽にインバネス、痩身でクールな探偵というシャーロック・ホームズの定番イメージはシドニー・パジェットのイラストによって確立されたといっても過言ではありません。後世のホームズものの小説イラストや映画、ドラマのホームズ像にも大きな影響を与えています。 この挿絵の中から12点を選び、カレンダーにしました。 1月 「ボヘミアの醜聞」より。暖炉の前で語り合うホームズとワトソン。パジェットが最初に描いた2人。 2月 「ボヘミアの醜聞」より。紳士に変装したアイリーン・アドラーがホームズに挨拶するシーン。 3月 「赤毛組合」より。コンサートに行き、音楽を堪能するホームズ。 4月 「赤毛組合」より。パイプでたっぷり三服ほどの問題だなーー両膝を抱えて黙考するホームズ。 5月 「唇のねじれた男」より。ガウンを着、クッションにもたれ、パイプをくわえて思考するホームズ。 6月 「まだらの紐」より。実はごく少ない鹿撃ち帽とインバネス姿のホームズ。 7月 「白銀号事件」より。列車で事件現場に向かうホームズとワトソン。 8月 「入院患者」より。ホームズとワトソンが仲良く腕を組んで散歩しています。 9月 「ギリシャ語通訳」より。パイプを片手に懐中時計を見るホームズ。 10月 「ギリシャ語通訳」より。シャーロックの兄マイクロフト・ホームズ。 11月 「海軍条約文書」より。化学の実験にはげむホームズ。 12月 「最後の事件」より...

猫の名画 カレンダー 2018

Amazon

1,160

猫の名画 カレンダー 2018

[猫の名画 カレンダー 2018] 猫好きで有名なテオフィル・アレクサンドル・スタンランの作品をはじめ、猫と少女どちらの表情も魅力的なピエール=オーギュスト・ルノワール作品など、猫を題材とした 世界の名画12点を選び、卓上カレンダーにしました。 1月 スタンラン「黒猫(ルドルフ・サリの黒猫の巡業)」 2月 メアリー・カサット「猫を抱く少女サラ」 3月 ゴヤ「マヌエル・オソーリオ・マンリーケ・デ・スニガの肖像」 4月 ルイス・ウェイン「猫」 5月 ルノワール「ジュリー・マネの肖像、あるいは猫を抱く子ども」 6月 アルフレッド・ブルネル・ド・ヌーヴィル「机の上の子猫たち」 7月 スタンラン「ヴァンジャンヌの殺菌牛乳」 8月 エドゥアール・マネ「猫を抱く女性」 9月 アンリ・マティス「黒猫と少女」 10月 パウル・クレー「猫と鳥」 11月 ルノワール「猫を抱く女性」 12月 エミール・ムニエル「女の子と猫」 【素材】 スーパーファイングレード厚紙用紙(マット紙) 厚さ0.21mm 卓上ケース PET ※特定の日にちの色を変えたい、文字を入れたいなど簡単なカスタマイズは無料でいたします。ご自身でお持ちの画像を使ってカレンダーを作りたいという場合は「オーダーメイド カレンダー」の申し込みも受け付けています。 【サイズ】 幅148×高さ105mm(A6横サイズ)×12枚 ケース 幅150×高さ105×厚さ4mm 【購入の際の注意点】 写真と実物では多少色味が異なる場合があります。 インクジェットプリンタを使って市販の用紙に印刷し、カットしているので、精密さに欠けるところがあります。あらかじめご了承ください。

送料無料
オルゴナイト マヤのカレンダー 230mm

Amazon

9,700

オルゴナイト マヤのカレンダー 230mm

サイズ[230mm]、ボヘミアンオルゴナイトです。 オルゴナイトとは自然界に存在する生命エネルギーを吸収し、ポジティブなオルゴン・エネルギーを発生する装置と言われています。オルゴン・エネルギーとは、生命エネルギーまたは「氣」「プラーナ」のこと。 オルゴナイトのルーツは、1930~40年代に精神分析家 のウィルヘルム・ライヒ博士が発見したオルゴンエネルギーを集める装置「オルゴン・アキュムレーター(集積器)」だと言われています。 その後、様々な開発者によってオルゴン・エネルギーの研究や試行錯誤がなされ、2000年頃に、アメリカのクロフト夫妻が、金属片やクリスタルなどの天然石(パワーストーン)に樹脂で固めるという方法で、見た目にも美しくコンパクトなオブジェやアクセサリーに進化した「オルゴナイト」が発表されました。 このオルゴナイトの製法は、インターネットを通じて一般に公開されたため、世界中にその製法が広まり、今では欧米諸国を中心に多くのオルゴナイトの作り手が現れ、スピリチュアルな人々の間で絶大な人気を誇っています。 またオルゴナイトは、見た目にも美しくコンパクトにすることもできるので、アクセサリーとして身に付けることもでき、幸運を引き寄せる運気アップ・ジュエリーとしてや、開運のインテリアオブジェ(置物)としても、とても人気があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク